kei’s のんびり山日記+

山登り&時々名古屋めし+αの日記。
10

燕岳 ☆後半☆

燕岳続きでーす♪     前半の様子は⇒コチラ



やっと着いた『燕山荘(えんざんそう)』

tubakuro20160731-1_convert_20160813164824.jpg



目の前の景色は、

ガスがかかってる・・・(T-T)

tubakuro20160731-2_convert_20160813164840.jpg



下の方は晴れてるのに(- -;)

tubakuro20160731-4_convert_20160813164913.jpg



とりあえずザックをデポして、

身軽になって、山頂をめざします。

tubakuro20160731-3_convert_20160813164857.jpg



イルカさん登場!(*゚∇゚*)

ロープが張ってあって、近寄れない様にしてありました。

前は触れたのかな?

tubakuro20160731-6_convert_20160813165003.jpg



おお!

今度は雷鳥さん~♪

tubakuro20160731-5_convert_20160813164929.jpg



近づいても全然逃げないの(*^ ^*)

こんな近くで見たのは初めて☆

tubakuro20160731-5-2_convert_20160813164947.jpg



さあ、先を進みますよー。

山頂はどこ?

tubakuro20160731-7_convert_20160813165037.jpg



ようやく見えて来ました!

近そうでなかなか着かない(笑)

tubakuro20160731-9_convert_20160813165111.jpg



すっかり旦那さんに置いていかれてしまいましたが(^ ^;)

tubakuro20160731-10_convert_20160813165127.jpg



山荘から30分。 

燕岳山頂到着でーす!

この日1番息があがったわ(笑)

tubakuro20160731-11_convert_20160813165144.jpg



あはは、景色見えませーん(^ ^;)

tubakuro20160731-12_convert_20160813165206.png



山頂はとても狭くて5人位しか居場所がないので、

少し下がった所でひと休み。

tubakuro20160731-15_convert_20160813170029.jpg



おお!少しガスが切れてきた!?

tubakuro20160731-13_convert_20160813165224.jpg

tubakuro20160731-14_convert_20160813165241.jpg



もっと晴れるのを待ってウロウロ。

tubakuro20160731-16_convert_20160813170047.png



そう思ったのもつかの間、

さっきよりもガスってしまiいました(- -;)

tubakuro20160731-17_convert_20160813170104.jpg



すごい勢いでガスが上がってきます。

せっかくここまで来たのに~!

槍ヶ岳はどこよ~?笑

tubakuro20160731-18_convert_20160813170120.jpg



ちなみに旦那さん、すごい虫がたかってます(笑)

黄色い服だから?(^ ^;) または臭いとか?(笑)

tubakuro20160731-20_convert_20160813170319.jpg



ずーっと待っててもガスが切れそうもないので、

山荘に戻ることに。

tubakuro20160731-21_convert_20160813170336.jpg



岩の上に鳥さん発見!

tubakuro20160731-24_convert_20160813171710.jpg



あ~、飛んで行っちゃった。

tubakuro20160731-25_convert_20160813171829.jpg



行きは見過ごしちゃったメガネ。

tubakuro20160731-22_convert_20160813170431.jpg



ここも近づけない様、ロープ貼ってありました。

登ってる人のレポを見たことあったけど・・・(^ ^;)

tubakuro20160731-23_convert_20160813170448.jpg



足元にはコマクサ。

tubakuro20160731-26_convert_20160813171919.jpg



何て可憐な花なの~

tubakuro20160731-27_convert_20160813171934.jpg



燕山荘だけ輝いて見えます~。

あそこだけ晴れてるのかしら?

tubakuro20160731-28_convert_20160813171951.jpg



山荘まで戻ってきたけど、輝いてなかった(笑)

tubakuro20160731-32_convert_20160813172605.jpg



ここで山バッヂ買いました~♪

1番人気!って書いてあったやつ(笑)

tubakuro20160731-33_convert_20160813173003.jpg



本日のお昼はカップ緬。

去年の仙丈ヶ岳の件もあり、

登りは相当時間がかかると思って、

山頂クッキングの余裕はない計算だったけど、

結構時間ありましたね・・・(。-_-。)

tubakuro20160731-34_convert_20160813173042.jpg



テン場もまだ空いてます。

ついに真っ白になり、すごく寒くなってしまいました。

tubakuro20160731-35_convert_20160813173100.jpg



景色も見えないし、名残惜しいけど帰りましょうか。。。

12時過ぎ、下山開始です 。

tubakuro20160731-36_convert_20160813173118.jpg



下の方は晴れてましたが、

上の方はまだガスかかったままですね。

tubakuro20160731-37_convert_20160813173138.jpg



帰りも合戦小屋で休憩しました。

この時間からもまだ登ってくる人がたくさんいます。

tubakuro20160731-38_convert_20160813173153.jpg



おお、これは合戦小屋から荷物を運ぶためのリフト!

乗せて-!笑

tubakuro20160731-40_convert_20160813173448.jpg



やはり燕岳は日帰りではハードですね。

最後結構膝にきましたわ(^ ^;)

tubakuro20160731-41_convert_20160813173510.jpg



3時、中房温泉到着です。

膝ガクガクで、ここから駐車場までの道が1番辛かった~!

tubakuro20160731-42_convert_20160813173526.jpg



帰り道、お猿さん発見!

tubakuro20160731-44_convert_20160813173559.jpg



こっちは親子連れ♪

tubakuro20160731-45_convert_20160813173618.jpg



ちょっとボケちゃったけど、赤ちゃんがいる!?

tubakuro20160731-47_convert_20160813173649.jpg


おんぶしてる~!

可愛い~*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*

tubakuro20160731-46_convert_20160813173634.jpg

燕岳、標高差1,300m近くある割には、

今回は結構時間に余裕を持って登ることができました。

山頂はガスってしまったけど、頑張って登ったので達成感はあるかな(^ ^)



帰りも穂高温泉郷で温泉に入って帰りました。

山からの通り道にある 『常念坊』 がすごく良かった!

おすすめですよ~☆



そして、先日の 『山の日』

皆さんどこか登られたかしら?

mokos家も家族でお出掛けしてきました。

早めのレポ頑張りまーす♪


最後までご覧いただきありがとうございます♪
ここをポチっとして頂けると嬉しいです(^ ^)
     

にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト
-

燕岳 ☆前半☆

2016/7/31(日)

燕岳(つばくろだけ) 標高2,763m  長野県安曇野市穂高



燕岳に登ろうと決めてから、

ずっと雨予報だった天気予報。

2日程前から晴れに変わってきて、

無事登って来れました~(^∇^)/



前日のお昼過ぎに名古屋を出発。

早めに安曇野に入り、

スーパーで、旦那さんの酒のおつまみと(^ ^;)

翌日の朝食を調達。

夕方、穂高温泉郷の温泉に入ってから、

夜ご飯は、翌日の為に

がっつりソースかつ丼♪

めっちゃんこ美味しかった~! 写真撮り忘れたけど。



暗くなる前に、駐車場めざして山道をGO!

これがすごい山道だった・・・(- -;)



おお~☆

途中でカモシカ発見!(゜∇゜)

tuba20160731-1_convert_20160806082043.jpg

カモシカGETだぜい!(笑)

tuba20160747_1470459884.png
スミマセン・・・(^ ^;)




下見ついでに中房温泉まで上がってきました。

登山口はここからですが、登山者はここには駐車できません。

tuba20160731-2_convert_20160806082111.jpg



登山口でお手洗いだけお借りし、第一駐車場へ。

まだたくさん空いてます。

人の気配のない車もあったので、山頂泊まりの人も多いのね。

tuba20160731-3_convert_20160806082146.jpg



夜7時。

ちと早過ぎた(^ ^;)?

旦那さんは、1人酒盛り(笑)

私は、せっせと寝室作り。

今回、愛車セレナを寝やすくするため工夫して、

かなり広くてフラットな快適空間を作ったのに、

停めた場所が斜めだったらしく、

寝たら転がりそうだった・・・(笑)

夜中に土砂降りの雨も降ったけど、

それでも結構しっかり寝れたかも。



朝4時起床。

軽く朝食を取り身支度をすませ、

5時過ぎやっと車から脱出。

いつの間にか満車でした。

tuba20160731-4_convert_20160806082206.png



駐車場から登山口までは徒歩10分。

ここでお手洗いを済ませ、

5時20分出発です。

tuba20160731-5_convert_20160806082227.jpg



いきなりハードです。。。

tuba20160731-6_convert_20160806082243.jpg



昨夜の雨で、しっとり濡れたアジサイ。

tuba20160731-7_convert_20160806082308.jpg



燕岳までは30~40分間隔でベンチがあります。

目標40分。 

歩きの遅い私・・・行けるかな?



第一ベンチに着いたのが5時50分。

おお~!30分で到着!(゚▽゚*)

tuba20160731-8_convert_20160806082332.jpg



5分休憩し、どんどん進みます。

tuba20160731-9_convert_20160806082425.jpg



第2ベンチには、6時21分到着。

tuba20160731-10_convert_20160806082442.jpg



25分くらいで来れた!

すごいぞ私(笑)

恐るべしソースかつ丼パワー♪

ここでも5分休憩。

tuba20160731-11_convert_20160806082503.jpg



まだまだ先は長いよ。

tuba20160731-12_convert_20160806082532.jpg

tuba20160731-13_convert_20160806083132.jpg



こんな所にケルン?

私もひとつ乗せておきました。

tuba20160731-14_convert_20160806083203.jpg



6時56分 第3ベンチ到着。

なかなかいいペースです♪

ここも5分休憩。

tuba20160731-15_convert_20160806083221.jpg



この辺から徐々に疲れて疲きました(^ ^;)

tuba20160731-16_convert_20160806083238.jpg



7時35分 富士見ベンチ到着。

少しペースダウンかな

tuba20160731-17_convert_20160806083908.jpg



この辺りから、少し見える風景が変わってきましたね。

tuba20160731-19_convert_20160806085142.jpg



山の稜線も見えてきました!

tuba20160731-20_convert_20160806085223.jpg



気持ちとは裏腹に、

すっかり足取り重いです。。。

ソースかつ丼パワーもここまでか(^ ^;)

tuba20160731-21_convert_20160806085247.jpg



8時10分合戦小屋到着。

ヘロヘロだけど、私の中では頑張った方かも (^ ^;)

tuba20160731-23_convert_20160806085445.jpg



ここは かなり賑わってました~。

tuba20160731-24_convert_20160806085505.jpg



合戦小屋と言えば か。

1カット800円を2つに切ってもらいました。

甘くて本当に美味しかった! 

tuba20160731-26_convert_20160806085635.jpg



お手洗いはなんと無料です!

ここで20分程休憩しました。

tuba20160731-25_convert_20160806085524.jpg



すいかのお陰ですっかり生き返った~♪

燕山荘めざして出発でーす。

tuba20160731-27_convert_20160806085655.jpg



すっかり陽も上がってきましたね。

tuba20160731-29_convert_20160806085744.jpg



すいかのパワーで、元気は回復してきたけど、

気温上昇で汗だくです。

tuba20160731-28_convert_20160806085722.jpg



ちょっとガスが出てきちゃいましたね。

tuba20160731-30_convert_20160806085805.jpg



んん!?

tuba20160731-31_convert_20160806085827.jpg



あれは・・・!?

tuba20160731-32_convert_20160806085849.jpg



富士山じゃないですか~!(((o(*゚▽゚*)o)))

tuba20160731-33_convert_20160806085909.jpg



前方には『燕山荘』も見えて来ました~!

tuba20160731-34_convert_20160806085925.jpg


テンション上がる~

あと少しかな?

tuba20160731-36_convert_20160806085959.jpg



なかなか着かないけど(笑)

tuba20160731-35_convert_20160806085943.jpg



結構上がって来ましたよ。

tuba20160731-37_convert_20160806090016.jpg



今度は!?

tuba20160731-38_convert_20160806090032.jpg



槍様じゃないですか~ヽ(≧∀≦)ノ

tuba20160731-39_convert_20160806090049.jpg



燕山荘もさっきより近づいた!?

tuba20160731-40_convert_20160806090108.jpg



足元には綺麗なお花がいっぱいです♪

tuba20160731-53_convert_20160806124811.jpg



トリカブト。

tuba20160731-52_convert_20160806124737.jpg


オニユリ。

tuba20160731-51_convert_20160806124721.jpg



シシウド。

虫だらけ(笑)

tuba20160731-50_convert_20160806124702.jpg



燕山荘もすぐそこだ~♪

tuba20160731-41_convert_20160806090124.jpg



そして、登り始めて約4時間。

燕山荘到着で~す*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*

tuba20160731-555_convert_20160806175319.jpg



そして、そこから見えた景色は・・・

tuba20160731-54_convert_20160806124831.jpg

後半に続きまーすo(^▽^)o



最後までご覧いただきありがとうございます♪
ここをポチっとして頂けると嬉しいです(^ ^)
     

にほんブログ村

にほんブログ村

20

西穂高・・・の途中まで(後編)

『西穂高・・・の途中まで』 の続きですよ~♪


山荘から先の岩だらけの道。

息子は、楽しそうに岩をよじ登りますが、

この 「よっこらしょ」 の連続は、中年の肉体には堪えます (^ ^;)

nnn2DSCN2599_convert_20140820201124.jpg



すでに疲れてる(笑)  ハア・・・・

nnn1DSCN2588_convert_20140820200851.jpg



振り返ると、先ほどの山荘から随分上がって来ましたね~。

nnn4DSCN2592_convert_20140820201409.jpg



前方には、西穂のギサギサが見えて来ましたー(゜∇゜)/

nnn5DSC02705_convert_20140820202156.jpg



ちょっとガスってますが、いい眺めです♪

nnn6S71408454409_1408454496_convert_20140820202218.jpg



しばらく行くと 大量のケルン置き場が(^∇^;)

nnn7DSCN2608_convert_20140820202327.jpg



当然ながら、1つ追加ね。

nnn8DSC02711_convert_20140820202516.jpg

 

そして 「西穂 丸山」 到着でーす♪

nnn12DSCN2623_convert_20140820211936.jpg



ここで mokosを探せ!

この中に映ってますよ~♪

nnn13DSCN2628_convert_20140820212054.jpg



分かったかな?

ここでーす(笑)

Xkr7aYRa4fvTv2G1408696267_1408696361_convert_20140822173334.png



アップにすると、

なぜこの恰好?(笑)

nnn14DSCN2627_convert_20140820212229.jpg



ここからも、岩ゴロゴロの所を登って行きます。

nnn15DSC02717_convert_20140820212408.jpg



大きな岩から、少し大きな石ころになってきましたが、

これがまた安定してないので、歩きにくい

この辺りから大幅にスピードダウン

nnn16DSCN2636_convert_20140820212533.jpg



息子も何度もズリってなりながら、必死で着いてきます。

nnn18DSCN2644_convert_20140820213100.jpg



やっと平な所に出て、休憩中。

ちょっと疲れたね~

DSC02719_convert_20140821195022.jpg



そして、ここからも見事な眺めです!

nnn19DSCN2647_convert_20140820213350.jpg



焼岳と乗鞍岳方面かな。

nnn20RI71408454533_1408454641_convert_20140820213439.jpg


こちらは、上高地方面でしょうか?

nnn21DSCN2672_convert_20140820213644.jpg



上高地の川も見えますね♪

nnn22DSCN2673_convert_20140820213831.jpg



この辺で、小さいお子さん連れは引き返す人も多いですが、

我が家は頑張ってもう少し登ります。

この頃から 『お昼ご飯はまだ?』 を連発する息子(^ ^;)  

できれば目標達成してからがいいな・・・

nnn23DSCN2680_convert_20140820214940.jpg



おお! 独標が見えて来ましたねー!

しかしこの道、息子が危なっかしい事になってます。

nnn24DSCN2682_convert_20140820215056.jpg



片側が切り落ちた道なので、一歩ずつ慎重に行かないと危ないけど、

息子にしては初めての経験でよく分からないのか、

×のマークに進んだり、すれ違いの時に待てずに進んだりして、

旦那さんからめっちゃんこ注意されてます

5lb9E_Llydd1Cn51408691294_1408692211.jpg



近づくにつれ、山頂付近の恐ろしい急勾配が見えて来ましたね。

結構急・・・・

nnn26-1DSC02748_convert_20140820215528.jpg



何とか独標真下まで来ましたが、

登りと下りで渋滞しています。

息子と同じくらいの子も登ってるけど、ヘルメット被ってる・・・

やっぱりヘルメット必要だったか

nnnokGD8iJWVlcajadh1408613360_1408613545.jpg



そして気付けば

旦那さんと息子がが着いてきてない!

待ってる間、ちょっと岩に腰かけて足元を撮影。

nnn27DSC02723_convert_20140820215756.jpg

怖っ


そして遠くから旦那さんの声が・・・

これは旦那さんの位置から撮影した、mokosと独標。

ctsBU7pfWBVo0ab1408532641_1408532698.jpg



『おーい! 息子さー、やっぱり独標無理だわー!』

『ま、まぢ?』 ( ̄∇ ̄;)

『危なっかしくて、見とれん』

『後ろに着いて来てるの?』

『いや、ずっと向こうの安全な所で待たせてる』



と言って、戻っていく旦那さんの後ろ姿 (チラリと見える黄緑のシャツ

nnn30DSC02721_convert_20140820215927.jpg


まじかー

まじかー

まじかー

ここまで来てくれれば、

ザック見ててもらって 『私だけ登る』 という選択肢もあったのに

息子が向こうで待ってるなら、戻るしかないね・・・



泣く泣く来た道を戻り、

テンション激下がりのまま、息子達と合流。

nnn31DSC02726_convert_20140820220123.jpg

息子もボソっと、『登りたかったな』って。

よし!もう少し大きくなったら、絶対リベンジしよう!

その前に、私ももう少し早く登れる様にならないとね(^ ^;)



お昼ご飯の場所を求めて、もう少し開けた場所まで下ります。

nnn32DSC02728_convert_20140820220320.jpg



今日は手抜きで 『くまモンカップ麺』

nnn33DSC02730_convert_20140820220523.jpg



なると?かまぼこ? が、くまモンだし~♪

nnn34DSC02733_convert_20140820221416.jpg



更に、コンビニで買ったパンも例の網で焼いちゃいます

大活躍!100均の網(笑)

S3V6hEgxJwInIr_1408614204_1408614251.jpg



帰りは、すばらしい絶景を見ながらの下山。

nnn37DSC02741_convert_20140820222034.jpg



チラリと後ろを振り返ると、登り損ねた独標が!

今度は絶対登ってやるぞー

DSCN2712_convert_20140821194653.jpg



朝より晴れてきた気がしますね♪

DSCN2697_convert_20140822153646.jpg



下りるのがもったいない風景です。

I4CXWlbzidObDBD1408683126_1408683205.jpg



西穂山荘まで戻ってきました。

さすがお盆休み、テン場はぎっしりです!

nnn38DSC02750_convert_20140820222224.jpg



お花は私に代わって、旦那さんが撮影してました(^ ^;)

FsKzLUfQSL3FMW51408365716_1408365763.jpg


チシマギキョウ

H5HciYjJpHV0O_B1408365803_1408365846.jpg


その他分からず(笑)

w4fejgxbsx8Oahm1408365874_1408365961.jpg

8Ib5Ein0_iBUTct1408365627_1408365680.jpg



帰りのロープウェイの中から下を見ていたら、

なんと がいましたー!

やっぱりいるんだね~ 気を付けないと(^ ^;)

nnn45DSC02760_convert_20140820223331.jpg



そして、下の駅で長男にお土産を買いました。

ちなみに長男は受験生。

唯一この日だけ友達と遊びに行ってたけど、

夏休みは毎日塾通いとなっております・・・

その為、今年の夏休みは泊まりの遠出は自粛。

日帰りの山も、一応気を使って登っております(笑)


買ったお土産コチラ

DSC02771_convert_20140822171727.jpg


早速家で作ってみました!

真っ黒ラーメンだったけど、激ウマだったらしいです

DSC02773_convert_20140822172051.jpg


この夏は、本当お天気の悪い日が多くて、

予定した日が何回も見送りになったけど、

西穂高、予想以上に綺麗な山でした。

独標までは目標達成できなかったけど、

山は無理は禁物!って言うし、

次回のリベンジにしたいと思います♪



最後までご覧いただきありがとうございました。
ポチっと押して頂けると嬉しいです
     
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

-

西穂高・・・の途中まで(前編)

2014/8/13(水)  新穂高ロープウェイ~西穂高・・・  



先週末はせっかくのお休みだったのに、すごい台風でしたね。

皆様、被害はなかったでしょうか?

mokos家も久しぶりの登山予定でしたが、暴風雨の為断念・・・

週間予報ではお盆も微妙な感じの中、唯一13日だけ のマークがついてる!

という事で、13日夜中の3時半に自宅を出発し、

東海北陸道~高山経由で4時間かけ

『新穂高ロープウェイ』 までやって来ました~!

到着は7時半、第2ロープウェイ乗り場の駐車場は、まだ半分程空いていました。

サマータイムは始発8時と思っていたので、30分前に到着♪と余裕をこいてたら、

この日からお盆タイムで7時から運行しておりました!

nishi1DSCN2514_convert_20140815125451.jpg



次男坊はパジャマのまま乗せ、そのまま寝ていたので、

ここで着替えて、のんびり朝ごはん。 

何故か旦那さんもここで着替えてるし・・・最初から登山服にすればいいのに (^ ^;)

なので、せっかく早く着いたのに、結局ロープウェイに乗れたのは8時15分・・・ま、いいか(笑)

一気に2,156mの所まで上がります! テンションも上がる~

nishi2DSC02670_convert_20140815125816.jpg


展望台から見える山々はこんな感じです。

ここでスントの時計の標高を2,156mに合わせます。(写真撮り忘れたけど)

nishi3DSC02678_convert_20140815130155.jpg


デーンと大きいのが焼岳。 その右側にうっすら乗鞍岳。

nishi4DSC02679_convert_20140815130332.jpg



正面奥は白山。 う~ん、今日は霞んでて見えないね。

nishi5DSC02680_convert_20140815130459.jpg



こちらは笠ケ岳。 名前の通り笠をかぶせた様な形です。

nishi6DSC02675_convert_20140815130807.jpg



おお!あれは槍ヶ岳じゃないですか~! 相変わらず尖がってますね~♪

nishi7DSC02674_convert_20140815130932.jpg



そして、今日登る所はここ。

jx7ltpo7SvfLZux1408083185_1408083266_convert_20140815152744.jpg



すっごいギザギザですー!

目標はあのギザギザの1番右の所だけど・・・ い・行けるかな?

nishi9DSC02673_convert_20140815131338.jpg



展望台で盛り上がり過ぎてしまった・・・(笑)

ロープウェイ下りて30分以上も経過して、やっと登山届出所に。

nishi10DSCN2533_convert_20140815131454.jpg


ここから登るのかと思いきや、いきなり下りです。

nishi11DSCN2542_convert_20140815131645.jpg



可愛いお花もあちこちに

po0ZXfFxGVdYp7a1408067160_1408067593.jpg


今度は登って、

nishi12DSCN2539_convert_20140815131815.jpg



ミヤマシシウド。

nishi22DSC02754+(2)_convert_20140815144745.jpg



ケルンもあちこちに。

nishi13DSC02681_convert_20140815132031.jpg



ハクサンフウロ。

WDWodgh8zsJyzYe1408067734_1408067793.jpg



またまた下って、

nishi14DSC02686_convert_20140815132232.jpg



ゴゼンタチバナ。

YujjgXcQwGEE1zI1408067632_1408067673.jpg


急登では、一気にペースは落ち・・・

nishi15DSCN2563_convert_20140815132354.jpg


タテヤマアザミ。

vZyGxVIA559F9_g1408068786_1408068836.jpg

ただえさえ遅い歩きなのに、写真を撮る度立ち止まる私を見て、

ここで旦那さんより 花の写真撮影禁止命令が発令 



おお、木々の間から絶景が見えて来ましたね~!

nishi16DSCN2562_convert_20140815132516.jpg



やっと、西穂山荘到着です~! 1時間半くらいかかってしまった・・・

nishi17DSC02689_convert_20140815143820.jpg



ここでお手洗いを借りました。 1回100円ですよ。

nishi18DSC02691_convert_20140815143940.jpg



おやつ休憩をして、いざ出発でーす!

nishi19DSCN2583_convert_20140815144144.jpg


本日の目標は 一応  『独標』 まで。 行けるかな?

nishi20DSC02751_convert_20140815144336.jpg


そして、ここからいきなり岩だらけの急勾配でした(汗)

先程の山荘がもう小さく見えます。

nishi21DSCN2590_convert_20140815144452.jpg

この先は後半へ続きますよ~♪

コメントは後半にお願いしまーす(*^^*)


続きが楽しみ♪って方はココをクリックしてね(^^)
  
にほんブログ村 ファッションブログ 山ガール系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

14

唐松岳~☆後編☆

唐松岳 続きですよー♪      ⇒前編の様子はコチラ




唐松岳頂上山荘』 に到着したのは11時過ぎ。

登り始めてから、休憩と写真タイムを入れて4時間ちょっと。 

ここの山荘でお手洗いを借りました。 使用料は200円で中はとても綺麗でしたよ。

さあ、山頂までもうひと頑張り

S1_convert_20130816115216.jpg




すぐ目の前なのに、近そうに見えて結構ある~

yka0uMS2JW5aCin1376725727_1376725853.jpg




とっくに着いてた息子達、お待たせしましたーー

S3_convert_20130816115413.png




どれどれ?




おおおおおおおおーーーー!

S6_convert_20130816115536.jpg




素晴らしい眺めです~

S7_convert_20130816115557.jpg




あれは立山連峰と剣岳 (テンション

KUsUA4yfMMm9NFV1376726261_1376726435.jpg



五竜岳方面

dQAzZXTEaxA3K141376730782_1376731201_convert_20130817182111.jpg



不帰キレットと白馬岳方面

S10_convert_20130816115741.jpg




山頂からみた唐松岳山荘♪

日本のマチュピチュと言われてる光景らしいけど、うん確かに

S12-1_convert_20130816115831.jpg




我が家のBOYS達もうっとり

S13-1_convert_20130816130808.jpg




唐松岳 標高2696m 子供たちも頑張ったね♪

登った記念に全員で

XYBFVQ4TiPNkYjc1378454548_1378454782_convert_20130906170820.png



気付けばもう12時を過ぎていて、

『さ、お昼にしよー』って旦那しゃん・・・

ええぇぇーー!もう?

S15-1_convert_20130816132513.jpg




『俺も行くー♪』って息子達・・・

さっき来たばかりなのにーーーー!?

S15-2_convert_20130816132604.jpg




もっと見ていたいよおおおおーー(泣)

S15-3_convert_20130816120109.jpg




先にお昼のお湯を沸かしてもらうよう頼んで、

1人ゆっくり景色を見ながら、後ろ髪惹かれつつ私も山荘にもどります(涙)

S16-2_convert_20130816120431.jpg





よく見ると山荘の下にはテントもチラホラ。

次は泊まりで来るからね~! (笑)

S15-4_convert_20130816121650.jpg





そしてお昼の写真は、すっかり撮り忘れてしまいました(笑)

リフトの最終時間があるので、余裕を見て1時には山荘を出ないといけません

いざ下山です。

S16-1_convert_20130816120339.png




唐松岳、上の方はこんな崖沿いの狭い道で、すれ違いの時は大変です。

さらに地面が滑りやすくて、上の子何回かズリってなって冷や冷やしました~

S16-3_convert_20130816120518.jpg





壮大な景色を見ながらの下山です。

帰るのもったいないよー (←まだ言ってる)

S17_convert_20130816120543.jpg




しばらくして、暑さと疲労の為か途中でクラクラしてきた私・・・。

何回か止まってもらい、少し休んでは少し進み・・・ノロノロの下山です。

完全体力不足だわ、情けない・・・

3~40分で回復してきたけど、大幅時間ロスになってしまった。

子供たちは全然元気です

S18-1_convert_20130816120607.jpg




歩きの早い旦那さんはお花の撮影

タカネマツムシソウ

Pipl3UTFXDLmzcI1376700860_1376701073.jpg




ハクサンシャジン

CYUOINYuqtbODHr1376701992_1376702077.jpg




シモツケソウ

5ck81dkW_ygwwF21376701776_1376701852.jpg



チングルマ

zVGMgvhdGMEdOiO1376701896_1376701950.jpg




だいぶ降りてきたけど、まだまだいい眺め~♪

DSCN0397_convert_20130818084625.jpg




これは名前不明(笑)

0ROL7RDWY7j5yAq1376703598_1376703667.jpg



でももうゆっくりはしてられない

先程の時間ロスの為に少しスピードアップしなくては。

S22_convert_20130816121025.jpg





八方池から先は木道で降りますよ。

下から放送が聞こえてきた! 『本日の最終リフトは4時45分です』 

今4時少し前。 間に合う?

S24_convert_20130816121754.jpg




それからは全員めっちゃ早歩きで木道を下り、無事間に合いました~!

まだ最終リフトまで20分程あるので、ご褒美のソフトクリーーム

美味しかっった~

S25_convert_20130816121138.jpg




そして私、心配していた膝も全然大丈夫でした

サポートタイツと膝サポーターと体操とサプリメントのお陰?

でも体力不足が今後の課題だわ(笑)

P8121340_convert_20130816121235.jpg



初めて登った唐松岳、とても素晴らしい山でした。

次回はもう少しレベルをあげ山荘泊、そして縦走コースで来てみたいです。


6時半~7時10分    白馬リフト乗り場→八方山荘
7時10分~8時10分  八方山荘~八方池(→休憩・写真20分)
8時半~11時15分   八方池~唐松岳山荘(休憩含む)
11時15分~12時15分  唐松岳山荘→山頂→唐松岳山荘(休憩45分)
1時~4時20分     唐松岳山荘→ 八方山荘(大量の休憩含む)
4時35分~5時10分   八方山荘→白馬リフト乗り場


翌日の 『黒部ダム』 レポに続きまーす  ⇒レポはコチラをクリック

最後までご覧になって頂きありがとうございました(^.^)
      ポチっと押して頂けると嬉しいです♪

8

唐松岳~☆前編☆

2013/8/11(日)~13(火)


毎年恒例夏の家族旅行♪

今年は安曇野方面に来ましたよ。

A1_convert_20130814170520.jpg



メインは二日目の『山登り』ですが、

今日はあちこち寄りながら、白馬に向かいます。

まずは 『安曇野わさび田涌水群』

A2_convert_20130814161547.jpg

本当は 『大王わさび農場』 予定がナビ入れ間違った・・・(笑)


でも何だか綺麗な所だった~

A3_convert_20130814161750.jpg



お昼は適当に入ったお店で、私は 『天丼』 

A3-2_convert_20130814161821.jpg



旦那さんと子供たちは 『カツ丼』

どちらも美味しかった♪

4xSfbncZflvTZo61376639148_1376639284.jpg




次は白馬にある 『白馬ジャンプ競技場』

A4_convert_20130814161841.jpg



ジャンプスーツ・・・着たつもり(笑)

A5-1_convert_20130814161906.png



今日は高校生長男も一緒です♪

最近なかなか一緒に着いてきてくれないけど、旅行だけは毎年着いてくる

A5-2_convert_20130814170415.png



ラージヒルに登る階段・・・雪が積もらないように足元がスカスカで下が丸見えなの。

次男坊、腰引けてます  

A6_convert_20130814161951.jpg

実は私もこうなった・・・(笑)



上から見ると結構高いのねー!立ってるのがやっと(汗)

A7_convert_20130814162036.jpg



あっという間に夕方になり今日の宿泊先のペンションへ。

青木湖の近くです。

A8_convert_20130814162120.jpg




そして翌日、朝5時半にペンションを出発!

K1_convert_20130814162203.jpg




6時には白馬の駐車場に到着♪  

1番近い所に停めれて良かった~。

K2_convert_20130814162254.jpg




6時半始発のゴンドラに乗り、

このあとクワット2本乗り継いで、八方山荘7時到着。

K4_convert_20130814162341.jpg




降りた瞬間、すでに素晴らしい景色です!

K5_convert_20130814162454.jpg


K7_convert_20130814162626.jpg




しばらくして『第2ケルン』♪

K10_convert_20130814162655.png




はい、どんどん登って~

K11_convert_20130814162717.jpg




続いて 『八方ケルン』♪

K13_convert_20130814162817.png




そして 『八方池』  

uCYOVFXBTbdwpZS1376534888_1376534935_convert_20130815115030.jpg





水面に北アルプスが映り込み、本当に綺麗です!

条件が揃わないとこの写真は撮れないらしいけど、今日はバッチリ

P8121299_convert_20130815065049.jpg


ここからが本当の登山道。

段々険しくなります。

K16_convert_20130814162930.jpg




振り返ると先ほどの八方池が。

もうあんなに小さい・・・!

K18_convert_20130814163016.jpg




雪渓でしばし休憩。

子供たち背中に雪を入れたりして、アホな事やってます。

K19_convert_20130814163153.jpg




それにしてもいい天気

K20_convert_20130814163217.jpg




下から雲がどんどん上がってきて、幻想的な風景に。

K21_convert_20130814163258.jpg




次男坊、ひと言  『乗ってみてー!』  

・・・・乗れませんから。

K22_convert_20130814163436.jpg




『丸山ケルン』

b5SOf4TRrtMk1iv1376479720_1376479891_convert_20130814203944.png




だいぶ登って来ましたよ~。

K24_convert_20130814164543.jpg




あの角を越えたら多分山頂も見えてくるはず!

K25_convert_20130814165702.jpg




最後の危険な場所。 見てるだけでも怖い・・・

旦那さん、1番腰引けてますからー(笑)

K26_convert_20130814165723.jpg




そして、やっと『唐松岳頂上山荘』が見えてきました~!

K27_convert_20130814165747.jpg



あそこを越えたら山頂はすぐ先だけど、

今日はここまで

後編に続きまーす  ⇒後編はコチラ


最後までご覧になって頂きありがとうございました(^.^)
     ポチッと押して頂けると嬉しいです♪

このカテゴリーに該当する記事はありません。